MYTHCODE

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。

【鋼の錬金術師】ラースから学ぶ夫婦の在り方:覚悟の生き方

2017年8月26日

前回、鋼の錬金術師のラースの最後に残したセリフから、
理想の夫婦像についてお伝えしてきました。

⇒キング・ブラッドレイ(ラース)の最後からみる、理想の夫婦関係の築き方

旦那が一番肝心なときに力が発揮できない典型パターンですね。

それでは、どうして力を発揮できないのでしょうか?

こちらの記事の最後に関連動画をお付けしてますので、合わせて御覧ください。

どうして一番肝心なときに役割を果たすことができないのか?


なぜ旦那さんが役割を発揮できないのか、ということについてお伝えしていきます。

例えばラースが家を出ていく際に、
「行かないでー!」と妻が泣き叫んだとします。

家をでる前にそんなことがあった場合、何かあった時にそれがちらついた瞬間に
その一瞬の油断が命取りになってしまいます。

そうなると、旦那は
 全エネルギーを注いで100%集中することはできないのです。


では、どういう送り出し方がいいのか?というと、

『もう一切こっちを振り返ることなく行ってきてください。
もうそっちで役目を果たしてきてください。

私もあなたと一緒にいる時はきちんと向き合っていきますし、
自分自身のできること全部やって、役割を果たしてやってきますので。

もうここでごねるような付き合い方をしていないので、
どうぞ、安心していってきてください。』


という想いを持ち、送り出すからこそ、
相手はその気持を受け取ることができ、目の前のことに100%集中できるのです。

『例えあなた(夫)がいなくなったとしても、
私(妻)が「家や子どもを何がなんでも守ります!!」という気概がありますので、

どうか、安心してください。』


妻のその想いを理解できる旦那さんでしたら、
確実に外で全力を尽くして、自分の役割を果たすことができるのです。

・家に帰ってきたら、嫁がちゃんと癒しの家を
守ってくれてるから安心して家にいれる

・嫁もそういう旦那だからこそ、より応援したくなる

というのが一番いい夫婦関係なのです。

そういう関係をラースが妻と築いていたのです。


だから、敵ながら「ホモンクルスなのにすごいな!」と思えるのです。
(人間じゃないのにすごいなって)


現代と昔の生き方の決定的な違いとは?


今と昔とでは命の重さが違うというより、
現代人の生き方としては「明日があるさ」ってなってしまっています。

明日がないって思って生きていたら、
もし3日後にあなたが死ぬって言われたら、
今と同じ生き方をしていますか?

もし、明日で寿命が尽きるって言われた時に、

今と同じような関係性のままでいますか?

言いたいことないですか?

今このまま別れますか?

そういうことを全く考えないから、
「明日があるさ〜」という考えになって、
トラブルがあっても先延ばしで明日でいっかとなってしまいます。

今日失敗しても、「また明日でいっか」とやっているから、
何かあった時に「あ〜、絶対に今日やっておけば良かった!」ってなるはずです。

そういう人は結局のところ、後悔して死んでいくから、
死んだ後も浮かばれないのかもしれません(笑)

ではどうしたらいいのか?
ということになりますが、

『朝起きて生まれて夜死ぬって生き方を本当にやれているかどうか?』

という生き方ができるかどうか、これが非常に大切になってきます。

それがその人の覚悟になってきますし、
その人の意識の高さにもなってくるのです。

そんなぬるい生き方していたら
絶対に成長することはできません。

だから自分で『決める』のです。


そう生きたいなあって言っているのって
まだ全部、自分ごとにはなってません。

「そう生きる!」と決めた瞬間から
もう自分で言い聞かしたらいいと思うんですよ。


例えば、お疲れ様でしたって言う時に
もし大切な人がこの後バンってダンプカーにはねられたらって想像してみて下さい。

リアルにそれを考えてみるのです。


例えば、自分もそういう生き方がしたいなって思った時に、
寝る時に「ご臨終」って言って寝てみてください。


夜寝る前に想像してみて下さい。

やり残したことがないかな・・・
やり残したことを思い出したら余計に後悔してしまわないかな・・・


だから、その人としゃべっている時、会っている時に
この人がもし明日死んでも良いようにしゃべろうって
その時は毎回意識はするようになるのです。

そしたら、絶対に変わってきます。



とは言え、やっぱりそうは言っても、
今の世の中って優しいと言うか、
ゆるさがあっても多少失敗しても許されてしまいます。

でも、結局周りが許してくれても、
自分の「潜在意識」「無意識」は見ているのです。


対他人が認めてくれようが・・・
許してくれようが・・・

例えば誰かに対して不義な行いをしてしまって、でもその時に他人は許してくれたとしますよね?
もしくは相手は許してくれたとしますよね?

でも、

『自分の中でそういう生き方をしたいんじゃない!』

という想いが絶対に出てくるのです。

自分の潜在意識は思っているのに、顕在意識的に周りが許してくれているからいいかと思って、
後回しにするとか、それをうやむやにしてしまうと、
自分の潜在意識が自分を責め始めてしまうのです。

・オレはこんなはずじゃないのに
・こんな生き方したいんじゃないのに、
・なんでこんなにうまくいかないんだという想いが出てくるのです。

リフレインし始めたらどんどんそっちばっかり目立っちゃうから、
どんどん同じこと繰り返してしまいます。

ただ、どこかでその流れを止めないといけないから、
やっぱり自分はこういう生き方がしたいなと思ったら、
今すぐこの生き方に切り替える。

これしかありません!

今5秒後に隕石が落ちて大切な人が死んでも全く悔いがないよって。

でもそう思うことはみんなできるのです。
そういう生き方がしたいなとか、そういう風に生きれたらなって思うことはできるのです。

こちらの動画も合わせて御覧ください!



以下の記事もおすすめです。

「鋼の錬金術師」カテゴリの記事

漫画で紐解く神話の秘密
あの有名漫画は、〇〇神話を描いていた!?
通常では知りえない漫画の秘密を無料公開中!

無料で手に入れる

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。