MYTHCODE

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。

ワンピースネタバレ考察885話からの学び、ブリュレの「鏡」と異世界との境界線

2017年11月14日

ワンピースの最新話「ブリュレだよ」の中で、
ブリュレの鏡の世界から、ルフィがナッツ島に逃げ込むシーンが描かれました。

鏡は「自分自身」をウツスものでもありますが、
異世界に通じてるとも言われてきました。


自分をウツスのと異世界とは一見すると全く繋がりませんが、
今回885話でお伝えしたい所が正にここです。

ルフィが鏡の世界で描いているものとは?



885話「ブリュレだよ」でルフィはカタクリに追いつめられて、
一旦退散しました。


普通だと単に逃げともとれるような行動に見えるかもしれませんが、
ルフィとしては全くそんなつもりはないのです。

例えば、カタクリが見聞色の覇気を使って、
「この後しぼむのか?」
と牽制してくるシーンがありました。

これはギア4のタイムリミットが近づいていることを告げていました。

普通なら、これに臆してしまって、
リズムを狂わせてしまったり、
テンパってしまって戦意喪失ということもあり得ると思います。

ただ、ルフィはこの時、

「教えてくれてありがとう」

と言い残してその場から逃げようとします。


敵に対してありがとう、と素直にお礼を言えるのは、
普通はできるものではありません。

この即断即決で、行動を取れるのは
ルフィの強みでもあると思います。


カタクリの思惑とは全く違った行動を取ったのも、
「自分がカタクリに必ず勝てる」
と確信しているからなのでしょう。

カタクリ
「お前が検証したのは、おれが冷静でいる限り
無敵だという事実だろう?」

このセリフに対して、
カタクリが揺さぶりをかけて来ましたが、

ルフィは、

ルフィ
「また必ずスキを魅せる!
お前は倒せる敵だ!」


とすでに倒せる、という所をイメージしています。

このイメージがかなり根強くあるため、
ブリュレを見つけて、鏡の世界から脱出することもできたのだと思われます。


鏡がウツスものとは?



冒頭でお伝えしたように、鏡の世界というのは、
異世界と通じる境界線とも言われます。

(今回のブリュレのミラーワールドも
正にそうですね。)



鏡は一見すると、自分自身の顔をウツスにしか見えませんが、
そこにうつっているのは物質的な自分ではなく、

「自分が自分をどう見ているのか?」

という部分が明らかになるのです。

例えば、
暗い顔をしている人間が見ていると、
暗い表情がうつります。

すると、それは暗い異世界と通じてしまうということなのです。

明るい表情をしていたら、
明るい表情がうつります。

そこには、明るい異世界と通じている、
というように、鏡には自分の「境地」が現れるのです。


だから、ルフィはそこでブリュレを見つけることができ、
ブリュレと一緒に鏡の世界から逃げ出すことに成功したのだと思います。

ルフィがそれだけ高い境地にいるからこそ、
そこに至るのに最適な道筋が目の前に訪れていってるのです。

ナッツ島についたのも、その方がルフィがカタクリを倒すのに、
適している場所だからに他なりません。


鏡の世界と神話


「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?」


と童話「しらゆき姫」で、鏡に対して問いかけるシーンがあります。

鏡は単に異世界のものと通じているというより、
自分自身の境地をウツスものでもありますので、

すると、そこに映るのは、しらゆき姫であり、王妃ではないのも、
自分自身の中で本当に美しいのは誰なのか、
ハッキリと分かっている
ということなのです。

だから、その鏡にうつっているのは、
本当に美しいと思っているしらゆき姫だと知っているので、
それを鏡を通じて自分はそれを見ているに過ぎない、
ということになります。

鏡は自分の境地をウツスものであり、
自分が望むものをそこにウツして、現実世界と通じているということなのです。





以下の記事もおすすめです。

「ワンピース」カテゴリの記事

漫画で紐解く神話の秘密
あの有名漫画は、〇〇神話を描いていた!?
通常では知りえない漫画の秘密を無料公開中!

無料で手に入れる

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。