MYTHCODE

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。

ワンピースのシフォン(漫画)とローラの姉妹の関係性から紐解く筋の通し方

2017年11月18日

ワンピースの「シフォン」の筋の通し方から今回の学びをお伝えしていきます。

スリラーバーク編で登場した、ローラですが、
「求婚のローラ」としてルフィに協力することで、
ゲッコー・モリアを倒すお手伝いをしてくれました。

自分の命を助けてくれた人間に対しての仁義というものは、
徹底的に尽くすというのがローラの生き方です。

それを引き継いでか、双子の姉妹のローラも同様に、
ルフィ達恩人に対して命を賭けて助けようとしてくれます。

シフォンの筋の通した「生き方」についてお伝えしていきます。

シフォンの筋の通し方とは?


シフォン
『「ローラを助けてくれてありがとう」
口で言うのは簡単さ

恩人の危機にこそ
言葉の真偽が問われるってもんじゃろがい』


こちらが、シフォンが875話「女の仁義」にて
夫のベッジに伝えたセリフです。

この言葉は率直に生き様を現していると思います。

普通なら、「助けてくれてありがとう」と伝えても、
恩人を助ける義務はないと思ってるかもしれませんが、
シフォンはそうではありません。

本当の筋の通し方、というのは行動が伴ってだということです。

目の前で恩人が命の危機に直面しているのに、
「かわいそう・・・」といて指を加えて見ているだけでは、
絶対に救われることはありません。

その相手が、自分を助けてくれた恩人だったり、
自分の大切な人を助けてくれた人に対しても同じことをしてしまうとすれば、
その人の境地が現れると思います。


つまり、本当に感謝をしているのなら、同じことを自分がするだろうし、
むしろ「当たり前」だと思って行動してこそ、
それが感謝の現れであるとシフォンは言っているのです。

シフォンから学ぶ、言葉=行動の重要性


言ったことを実現させる、ということは
ワンピースの中では非常に重要なキーワードになってくると考えています。

例えば、ルフィは第1話から「海賊王に俺はなる」と宣言しています。

これは非常に重要なことで、
「海賊王になる」と最初からフルコミットしているので、
そのための最短ルートをルフィが歩んでいるのです。

「言った言葉に責任を持つ」という次元の話ではなく、
最初から決めていることがポイントです。

海賊王になることを宣言するとか、
海賊王になる、と決めたというよりも、

ルフィにとって「海賊王になることが決まっている」ので、
そのためには目の前の敵を倒す必要があるな、
という考えなのです。

言葉にしているのも、そういう「想い」を持って
口にしているので、いつのまにかそこに近づいていってるのでしょう。


シフォンのときも同様で、
妹ローラの命を救ってくれた恩義に対して、
「ここまでしてくれたのなら、何かあったらいつでも助けよう」
と当たり前に思っていたから、
ルフィ達が困ったときでも、一切の迷いもなく、
自分の命の危険性も顧みずに、ケーキを作りに行けたのです。

これはシフォン(またローラも含めて)の日常での生き様が現れていると思います。

生き様というのは、普段から当たり前のように、
そういう生き方ができているのか、
ということです。

日常から口では感謝していたとしても、
その相手に対して「ぶっちゃけどうでもいい」って思っていたら、
相手に対してそれが伝わってしまうのです。

例えば、今回のシフォンのケースで言えば、
ルフィ達がビッグマムに襲われて死にそうになっていたとしても、
「・・・確かに助けたいけど、どうにもできない」
って感じで、結局見殺しにしてしまうのです。

日常での生き様がいざというときの、行動に現れます。

シフォンがローラの恩人を救うために行動できたのは、
いつ、何時、どんな場所でも、恩人が困ったら
何でも行動できるくらいまで既に恩義を感じているからなのです。

それだけの器が常にあったからなのです。

それでは、どうしたらシフォンやローラのように、
恩人に対して、仁義を尽くす行動が取れるのでしょうか?

“感謝”に対するステージの違い



例えば自分の命を救ってくれた人がいたとして、
その人に対して、ものすごく恩を感じていたとします。

「ありがとう」と感謝を伝えたところで、
その人がどれだけ感謝を感じているのかは人それぞれだと思います。

感謝のレベルを場合分けしたときに、

(1)「ありがとうとお礼を伝えたい」
(2)「恩人が何か困ったことがあったらお手伝いしたい」
(3)「恩人が何か困ったことがあったら自分が可能な範囲でなら、何でもしてあげたい」
(4)「恩人に命の危機が訪れたら何が何でも助けにいく」

人によってバラバラだと思います。


ただ、ルフィやシフォン、ローラの3人は間違いなく(4)の生き方を自然としているのです。


だからこそ、当たり前のように、恩人を助けにいけているのです。

ただ、多くの人が(1)、(2)の生き方をしている人達が多く、
できたとしても(3)の生き方なのです。

ではどうしたらルフィのように、海賊王のルートを最短で迎えるのか、
というと(4)の生き方をなりきって行動するより他なりません。

つまり、ルフィの生き方・生き様をウツして、
そこに自分の考えや、固定観念を一切挟まずに、
日常を送り続けるのです。

その感覚を24時間365日続けていき、とにかく「ルフィになりきる」のです。

・・・と言っても難しいと感じてしまう人がいるかもしれません。

なので、まずは何か一つ、ルフィになりきって行動できるものを一つ決めるのです。
(今回の事例で言えば、シフォンの(4)の生き方を通じて、
「筋を通す生き方」になりきってみる、です)

一つ決めたら、それを徹底的に実践していきます。

もし、一つできるようになれば、それを一つずつ追加していきます。

そうしていくうちに、いつの間にか「現代版ルフィ」という生き方になると思います。

注意点としては、できるだけ難易度が高いけれども、
自分が実践しやすいものから取り入れていくことです。

例えば、ルフィのように「よく食べてよく寝る」を実践したとこところで、
(全く成長が無いわけではありませんが)本当の意味で成長は望めません。

ルフィの感覚に近づくのかもしれませんが、むしろそこにあぐらをかいてしまって、
そこから何一つ実践できなければ、マイナスになってしまいます。

ルフィのように、「海賊王になる」というくらいの最終ゴールを人前でとにかく伝える、
ということを実践するなど、
ちょっとぶっ飛んでるくらいの方が、一気に近づけると思います。

そこに感じる羞恥心、恐れなどをむしろ吹っ飛ばすくらいの勢いで、
実践していった方が、圧倒的に高いスピードで成長できます。

ぜひ実践してみて下さい。



以下の記事もおすすめです。

「ワンピース」カテゴリの記事

漫画で紐解く神話の秘密
あの有名漫画は、〇〇神話を描いていた!?
通常では知りえない漫画の秘密を無料公開中!

無料で手に入れる

大人気漫画・アニメを神話や仕事など様々な観点から紐解き、
人生の学びに変える非公式ファンサイトです。